【アルゼンチン共和国杯・2023年】競馬予想!過去データ傾向から推奨馬をピックアップ

今週は『アルゼンチン共和国杯』が行われます。

過去10年のデータ傾向から注目すべきデータを調べてみました。

アルゼンチン共和国杯が行われる東京芝2500mのコースデータと併せてご確認下さい。

==========

▼人気別成績
1人気 [3-1-1-5]
2人気 [3-0-0-7]
3人気 [2-0-7-1]
4人気 [0-5-0-5]
5~7人気[2-4-0-26]
8人気~ [0-0-2-89]
3・4番人気馬に注目。

 

▼前走クラス別成績
G1 [4-1-1-8]
G2 [3-4-2-52]
G3 [0-0-2-14]
OP/L [1-3-1-40]
3勝C [2-2-4-16]
2勝C [0-0-0-1]
前走G1・3勝クラス組が好成績。

 

▼前走間隔別成績
~中2週 [1-0-1-13]
中3週 [2-3-2-34]
中4~8週[1-4-3-55]
中9週~ [6-3-4-29]
中9週以上のローテ馬が好成績。

 

▼斤量(ハンデ)別成績
~53kg[0-1-1-27]
54kg [2-0-1-30]
55kg [0-4-6-27]
56kg [5-3-0-20]
56.5kg[0-0-0-2]
57kg~[3-2-2-25]
ハンデ54k以下馬は不振傾向。

 

▼年齢別成績
3歳 [2-0-2-1]
4歳 [5-3-3-22]
5歳 [1-5-5-42]
6歳 [2-2-0-34]
7歳~[0-0-0-32]
7歳以上の高齢馬は不振傾向。

——————

▼前走、2200mの3勝クラス戦で3着以内だった馬
[2-2-4-5]
⇒3勝クラスで3着以内だった馬は[2-2-4-13]。
2200m以上組に絞ると、更に好走率が上がります。
チャックネイト
レッドバリエンテ

 

▼前走、六社Sを勝った馬
[1-1-1-0]
⇒六社S組は[1-2-2-3]と好成績。
前走勝ち馬に限定すると複勝率100%です。
チャックネイト

 

▼前走、オールカマーで10着以内だった馬
[1-2-1-11]
⇒オールカマー組は[1-2-1-17]。
馬券になった馬は全てこの条件に該当していました。
ゼッフィーロ

 

▼前走、京都大賞典で4着以内かつ5番人気以内だった馬
[0-1-0-2]
⇒京都大賞典組は[0-1-0-24]と不振。
唯一連対した2013年2着アドマイヤラクティは、この条件に該当していました。
該当無し

==========

上記のデータを踏まえ、特に推奨したいのはこの2頭。

 

  • チャックネイト
    ⇒六社S(3勝C/中3週/1着/3人気)/5歳/当日8番人気想定
  • レッドバリエンテ
    ⇒ムーンライトH(3勝C/中7週/1着/1人気)/4歳/当日6番人気想定

 

チャックネイトは、[1-2-2-3]と好成績な六社S組
複勝率100%のデータにも該当します。
人気があまり無さそうなのは気になりますが、2022年六社S1着のブレークアップが当日6番人気で勝っているし問題無いでしょう。
同様に好走しそうです。

 

レッドバリエンテは、前走ムーンライトH(3勝クラス)を1番人気で1着。
複勝率61.5%の好走条件に該当します。
年齢の好走データにも該当しており、かなり期待して良さそうです。

 

まあ、データなんて見つけた途端に破られるとかよくある話。

以下のサイトでは、『アルゼンチン共和国杯』の情報を無料でゲット出来るので、
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。


今週の重賞予想

▼過去データ傾向から推奨馬をピックアップ!

4月14日(日) 中山11R 皐月賞(G1)
中山芝2000m

4月14日(日) 阪神11R アンタレスS(G3)
阪神ダート1800m

4月13日(土) 阪神11R アーリントンC(G3)
阪神芝1600m





カテゴリー: 重賞

最新更新日: 2023年10月30日




コメント欄