函館競馬場|函館芝1200mのデータ(脚質・枠順・血統・種牡馬等)

函館芝1200m|コース特徴

函館芝1200m

欧州で使われる緑が鮮やかな洋芝が使われているのが大きな特徴。芝の根付きの関係で野芝より馬場が柔らかく、非常に時計が掛かる。その為、欧州血統やパワータイプの馬が活躍する傾向にある。

スタートしてから3コーナー途中まで、緩やかな上り坂が続く。1200m戦だが、洋芝という事も相まって普通以上にスタミナを要するコースと言える。

また、約260mでJRAの10競馬場の中で最も短い最後の直線の部分はほぼ平坦。先行力も、好走には求められるでしょう。


函館芝1200m|人気別成績

人気 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
1番人気 74-44-24-90 31.9%
78
61.2%
79
2番人気 34-42-26-130 14.7%
61
44.0%
69
3番人気 27-38-42-125 11.6%
67
46.1%
85
4~6番人気 58-56-73-507 8.4%
81
26.9%
78
7~9番人気 24-29-40-557 3.7%
79
14.3%
79
10番人気~ 17-21-27-971 1.6%
80
6.3%
70

函館芝1200m|脚質別成績

脚質 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
逃げ 61-32-22-117 26.3%
195
49.6%
156
先行 103-115-93-517 12.4%
88
37.6%
102
差し 58-59-95-848 5.5%
84
20.0%
80
追込 12-24-22-896 1.3%
33
6.1%
27
マクリ 0-0-0-1 0.0%
0
0.0%
0

函館芝1200m|枠順別成績

枠順 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
1枠 33-34-36-233 9.8%
73
30.7%
96
2枠 26-30-30-260 7.5%
54
24.9%
75
3枠 26-36-30-271 7.2%
70
25.3%
97
4枠 28-24-32-298 7.3%
112
22.0%
87
5枠 34-29-27-307 8.6%
151
22.7%
76
6枠 43-28-23-314 10.5%
94
23.0%
70
7枠 22-23-34-339 5.3%
35
18.9%
61
8枠 22-26-20-358 5.2%
34
16.0%
48

函館芝1200m|血統(父系統)別成績

父系統 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
サンデーサイレンス系 97-90-108-894 8.2%
77
24.8%
81
ミスプロ系 48-56-30-509 7.5%
83
20.8%
70
ノーザンダンサー系 38-40-42-441 6.8%
56
21.4%
72
ナスルーラ系 28-23-19-246 8.9%
128
22.2%
75
他ターントゥ系 12-8-13-119 7.9%
84
21.7%
64
ロベルト系 11-9-15-142 6.2%
45
19.8%
69
その他 0-4-5-29 0.0%
0
23.7%
110

函館芝1200m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
ダイワメジャー 13-11-18-103 9.0%
96
29.0%
79
ヨハネスブルグ 11-5-4-29 22.4%
95
40.8%
74
アドマイヤコジーン 8-2-0-27 21.6%
364
27.0%
98
ディープインパクト 7-9-5-56 9.1%
105
27.3%
71
タイキシャトル 7-6-9-59 8.6%
62
27.2%
79
マンハッタンカフェ 7-4-3-48 11.3%
114
22.6%
87
デュランダル 7-3-3-34 14.9%
184
27.7%
78
キンシャサノキセキ 6-10-4-38 10.3%
23
34.5%
53
アドマイヤムーン 6-10-3-70 6.7%
24
21.3%
34
フジキセキ 6-3-7-33 12.2%
33
32.7%
70

函館芝1200m|騎手別成績

騎手 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
岩田康誠 20-23-21-74 14.5%
42
46.4%
90
三浦皇成 16-18-15-72 13.2%
59
40.5%
87
吉田隼人 15-10-11-112 10.1%
59
24.3%
71
丸山元気 12-5-13-84 10.5%
113
26.3%
100
勝浦正樹 11-20-17-99 7.5%
45
32.7%
76
丹内祐次 10-14-9-81 8.8%
105
28.9%
90
四位洋文 10-9-3-66 11.4%
161
25.0%
64
柴山雄一 8-12-6-84 7.3%
43
23.6%
84
池添謙一 8-9-7-38 12.9%
67
38.7%
105
古川吉洋 7-8-1-87 6.8%
43
15.5%
51

※検索期間:2013.1.1~2017.12.31

函館芝1200m|予想ポイント

  1. 荒れやすいコース
  2. 逃げ・先行
  3. 内枠(特に1枠)
  4. ヨハネスブルグ、アドマイヤコジーン
  5. 岩田康誠、三浦皇成、丸山元気

逃げ・先行がかなり有利なコース。

枠順では内枠が圧倒的有利で、特に1枠が好成績を残している。

種牡馬は、ヨハネスブルグ・アドマイヤコジーンが好成績。非常に勝率が高いです。

騎手は、リーディング1・2位の岩田康誠・三浦皇成が、高い好走率を誇ります。その他、回収率の高い丸山元気にも注目です。





カテゴリー: 函館

最新更新日: 2018年1月15日




コメント欄