【弥生賞ディープインパクト記念・2024年】競馬予想!過去データ傾向から推奨馬をピックアップ

今週は『弥生賞ディープインパクト記念』が行われます。

過去10年のデータ傾向から注目すべきデータを調べてみました。

弥生賞ディープインパクト記念が行われる中山芝2000mのコースデータと併せてご確認下さい。

==========

▼人気別成績
1人気 [3-4-1-2]
2人気 [3-2-2-3]
3・4人気[3-2-4-11]
5~9人気[1-2-2-45]
10人気~[0-0-1-19]
4番人気以内馬が好成績。

 

▼枠順別成績
1枠 [1-0-0-9]
2枠 [0-0-3-7]
3枠 [0-0-2-8]
4枠 [2-1-2-6]
5枠 [0-2-0-11]
6枠 [1-1-1-13]
7枠 [1-5-1-13]
8枠 [5-1-1-13]
外枠の馬が好走傾向。

 

▼前走クラス別成績
G1 [2-5-7-6]
G2 [0-0-0-3]
G3 [4-2-2-20]
OP/L [2-0-1-7]
1勝C [2-2-0-24]
未勝利[0-0-0-11]
新馬 [0-1-0-6]
前走G1組が非常に好成績。

 

▼キャリア別成績
~1戦[0-1-0-7]
2戦 [3-2-2-10]
3戦 [3-4-4-21]
4戦 [3-1-2-14]
5戦 [1-0-2-13]
6戦~[0-2-0-15]
キャリア2~4戦馬が中心。

 

▼血統(父系統)別成績
サンデーS系 [6-7-6-37]
ミスプロ系 [2-1-2-17]
ノーザンD系 [2-2-2-13]
その他系 [0-0-0-13]
⇒馬券になったのは、父サンデーサイレンス・ミスプロ・ノーザンダンサー系の馬のみ。

——————

▼前走がホープフルSで、キャリア3戦の馬
[1-1-3-1]
⇒ホープフルS組は[1-2-5-5]と好成績。
「新馬⇒オープン⇒G1」と順調に使われたキャリア3戦馬は、好走率が更に上がります。
シンエンペラー

 

▼前走、東スポ杯2歳Sだった馬
[1-1-0-0]
⇒該当馬2頭は、いずれも前走1着で当日2番人気でした。
前走2着だったシュバルツクーゲルは・・・
シュバルツクーゲル

 

▼前走、若駒Sだった馬
[2-0-0-0]
⇒該当馬2頭は、いずれも前走1番人気で勝利し当日2番人気以内でした。
同じく前走1番人気で勝ったサンライズジパングは・・・
サンライズジパング

 

▼当日5番人気以下で、前走重賞で3~6着だった馬
[1-0-3-8]
⇒当日5番人気以下の馬は[1-2-3-64]。
このうち重賞組は[1-0-3-21]で、全て3~6着でした。
シリウスコルト
ニシノフィアンス

※当日人気は想定

==========

上記のデータを踏まえ、特に推奨したいのはこの2頭。

 

  • シンエンペラー
    ⇒ホープフルS(2着/1人気/G1)/3戦/父ノーザンダンサー系/当日1番人気想定
  • シリウスコルト
    ⇒ホープフルS(6着/9人気/G1)/4戦/父ミスプロ系/当日6番人気想定

 

シンエンペラーは、前走クラス、血統の好走データに該当。
また、前走ホープフルS組で複勝率83.3%の好走データに該当します。
皐月賞前の叩き台とは言え、馬券圏内は非常に堅そうです。

 

シリウスコルトは、人気、前走クラス、キャリア、血統の好走データに該当。
また、当日5番人気以下馬で複勝率33.3%の好走データに該当します。
デビュー以来、馬体重が増え続けて成長著しいし、5番人気以下から狙うとしたらこの馬が良いんじゃないでしょうか。

 

まあ、データなんて見つけた途端に破られるとかよくある話。

以下のサイトでは、『弥生賞ディープインパクト記念』の情報を無料でゲット出来るので、
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。


今週の重賞予想

▼過去データ傾向から推奨馬をピックアップ!

4月14日(日) 中山11R 皐月賞(G1)
中山芝2000m

4月14日(日) 阪神11R アンタレスS(G3)
阪神ダート1800m

4月13日(土) 阪神11R アーリントンC(G3)
阪神芝1600m





カテゴリー: 重賞

最新更新日: 2024年2月26日




コメント欄