【日本ダービー・2023年】競馬予想!過去データ傾向から推奨馬をピックアップ

今週は『日本ダービー』が行われます。

過去10年のデータ傾向から注目すべきデータを調べてみました。

日本ダービーが行われる東京芝2400mのコースデータと併せてご確認下さい。

==========

▼人気別成績
1人気 [3-2-2-3]
2人気 [1-3-1-5]
3人気 [3-3-1-3]
4・5人気[2-2-0-16]
6~9人気[0-0-3-37]
10人気~[1-0-3-84]
1~5番人気以内馬が19連対。
非常に堅いレースです。

▼枠順別成績
1枠 [3-2-1-14]
2枠 [1-1-3-15]
3枠 [1-0-1-18]
4枠 [0-2-1-16]
5枠 [1-1-0-18]
6枠 [1-2-2-15]
7枠 [2-1-1-25]
8枠 [1-1-1-27]
1枠が好成績で、特に1番枠は[2-2-1-5]。

▼前走レース別成績
皐月賞 [7-9-6-69]
京都新聞杯 [2-1-0-19]
毎日杯 [1-0-0-5]
青葉賞 [0-0-3-20]
プリンシパルS[0-0-1-4]
他レース [0-0-0-31]
前走皐月賞組が中心。

▼前走着順別成績
1着 [4-4-3-34]
2着 [2-3-2-27]
3着 [1-2-1-9]
4・5着[2-0-1-15]
6~9着[1-1-3-30]
10着~[0-0-0-32]
前走3着以内馬が好成績。

▼キャリア別成績
3戦 [1-1-0-8]
4戦 [3-4-2-28]
5戦 [4-3-3-33]
6戦 [1-1-4-29]
7戦 [0-0-1-27]
8戦~[1-1-0-23]
キャリア4・5歳馬馬の好走多い。

——————

▼前走、皐月賞で3着以内かつ3番人気以内で当日3番人気以内だった馬
[4-7-0-5]
⇒皐月賞組は[7-9-6-69]ですが、この条件に該当している馬は連対率が70%近くあります。
ソールオリエンス
ファントムシーフ

 

▼前走、皐月賞で着順・人気が1ケタかつ、5着以内or4番人気以内だった当日7番人気以内の馬
[0-0-3-10]
⇒現在3年連続で当日7番人気以下の皐月賞が3着に入線。
3頭は、全てこの条件に該当していました。
フリームファクシ

 

▼前走、青葉賞を1番人気で1着or逃げて2着以内、また当日2枠に入った馬
[0-0-3-2]
⇒青葉賞組は好走する馬の傾向がバラバラ。
ただ3着した3頭は、上記いずれかの条件に該当していました。
また青葉賞組は、設立された1984年以降、1度も日本ダービーを勝っていません。
スキルヴィング

 

▼前走、京都新聞杯で2着以内かつ2番人気以内だった馬
[2-1-0-2]
⇒京都新聞杯組は[2-1-0-19]ですが、馬券になった馬は全てこの条件に該当していました。
サトノグランツ

 

▼前走、毎日杯を2番人気以内で勝った馬
[1-0-0-1]
⇒毎日杯組は[1-0-0-5]ですが、馬券になった馬は全てこの条件に該当していました。
該当無し

 

▼前走、プリンシパルSで1番人気で勝った馬
[0-0-1-2]
⇒プリンシパルS組は[0-0-1-8]ですが、馬券になった馬は全てこの条件に該当していました。
該当無し

==========

上記のデータを踏まえ、特に推奨したいのはこの2頭。

 

  • ファントムシーフ
    ⇒皐月賞(3着/1人気)/5戦/当日3番人気想定
  • サトノグランツ
    ⇒京都新聞杯(1着/1人気)/5戦/当日5番人気想定

 

ファントムシーフは、前走皐月賞を1番人気で3着
当日3番人気以内も濃厚で、連対率68.8%の好走条件に該当します。
キャリアもクリアしており、好走する可能性は高そうです。

 

サトノグランツは、前走京都新聞杯を1番人気で1着
連対率60%の好走条件に該当します。
そういえば、同馬主ので2015年2着のサトノラーゼンも、初重賞だった前走を勝っての臨戦でした。
当日人気も、同じ5番人気になりそうだし、再現を期待してしまいますね。

 

まあ、データなんて見つけた途端に破られるとかよくある話。

以下のサイトでは、『日本ダービー』の情報を無料でゲット出来るので、
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。


今週の重賞予想

▼過去データ傾向から推奨馬をピックアップ!

3月3日(日) 中山11R 弥生賞ディープ記念(G2)
中山芝2000m

3月2日(土) 阪神11R チューリップ賞(G2)
阪神芝1600m

3月2日(土) 中山11R オーシャンS(G3)
中山芝1200m











【葵S・2023年】競馬予想!過去データ傾向から推奨馬をピックアップ

今週は『葵S』が行われます。

過去10年のデータ傾向から注目すべきデータを調べてみました。

※2018年より重賞、2018年は2着同着、2021・2022年は中京開催

葵Sが行われる京都芝1200mのコースデータと併せてご確認下さい。

==========

▼人気別成績
1人気 [4-1-0-5]
2人気 [1-1-2-6]
3~5人気[1-3-2-24]
6~9人気[3-3-2-32]
10人気~[1-3-3-55]
⇒馬券圏内の半数が6番人気以下馬
波乱傾向が非常に強いレースです。

▼枠順別成績
1枠 [1-3-1-12]
2枠 [3-2-0-12]
3枠 [3-1-3-11]
4枠 [2-0-2-14]
5枠 [0-2-0-18]
6枠 [1-1-2-16]
7枠 [0-2-1-18]
8枠 [0-0-0-21]
内枠の方が断然有利。

▼前走クラス別成績
重賞 [3-2-2-36]
OP特別/L [5-7-5-50]
1勝クラス[2-2-2-33]
前走OP特別・リステッド組が好成績。

▼キャリア別成績
~4戦 [1-0-1-19]
5戦 [1-1-3-19]
6戦 [4-2-1-18]
7戦 [1-4-2-25]
8戦 [1-2-1-16]
9戦 [1-2-1-16]
10戦~[1-0-0-9]
キャリア6戦馬が好成績。

——————

▼前走、マーガレットSで5着以内・4番人気以内だった馬
[1-1-1-2]
⇒マーガレットS組は[1-1-1-8]ですが、馬券になった馬は全てこの条件に該当していました。
また、前走1番人気以内だった馬は[1-1-0-0]。
※マーガレットSは1200mに変わった2018年以降が対象
ビッグシーザー
ブーケファロス

 

▼前走、橘Sで3~5着だった馬
[3-3-0-9]
⇒橘S組は[3-4-1-21]。
好走馬は、前走3~5着馬に集中しています。
※京都開催の2013~2020年が対象
ミルトクレイモー

==========

上記のデータを踏まえ、特に推奨したいのはこの2頭。

 

  • ビッグシーザー
    ⇒マーガレットS(L・1着/1人気)/6戦/当日1番人気想定
  • ミルトクレイモー
    ⇒橘S(L・5着/1人気)/9戦/当日2ケタ人気想定

 

ビッグシーザーは、前走マーガレットSを1番人気で勝利
連対率100%の好走条件に該当します。
キャリアの好走条件もクリアしており、連勝を伸ばす可能性は高そうです。

 

ミルトクレイモーは、前走橘Sを1番人気で5着
連対率40%の好走条件に該当します。
波乱傾向が非常に強いレースなので、2ケタ人気濃厚なこの馬は狙い目なんじゃないでしょうか。

 


今週の重賞予想

▼過去データ傾向から推奨馬をピックアップ!

3月3日(日) 中山11R 弥生賞ディープ記念(G2)
中山芝2000m

3月2日(土) 阪神11R チューリップ賞(G2)
阪神芝1600m

3月2日(土) 中山11R オーシャンS(G3)
中山芝1200m