中山競馬場|中山芝1600mのデータ(脚質・枠順・血統・種牡馬等)

中山芝1600m|コース特徴

中山芝1600m

第3コーナーの角度がほとんど無い、三角形に近い形状の外回りコースを使用。

1コーナーポケットからのスタートで、2コーナーまでの距離が短い。しかも、スタートから3コーナー途中まで下り坂が続いていてペースも速くなりがち。

内枠が有利で、外々を回らされる外枠は非常に不利なコースです。

直線の長さは310mと短いが、途中に約110mの間で約2.2mを駆け上がる急坂がある。ハイペースなのも相まって、差し・追込が比較的決まる傾向。

ベストなのは、道中インを通って、直線馬群を捌き差す戦法。

また、一般的に馬場が荒れて時計の掛かる馬場になる事が多い。開催後半や冬場はその傾向が強く、芝を走っているのに土煙が上がる事も少なくない。スタミナに富んだパワータイプの血統を狙うべきでしょう。

ただ、野芝主体で行われる9月開催は別。高速馬場になり、レコード決着も頻出。スピード豊富な馬が好走しやすくなり、逃げ・先行が有利。


中山芝1600m|人気別成績

人気 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
1番人気 64-29-25-69 34.2%
76
63.1%
81
2番人気 31-41-27-88 16.6%
70
52.9%
87
3番人気 30-32-22-103 16.0%
99
44.9%
84
4~6番人気 39-44-58-420 7.0%
72
25.1%
68
7~9番人気 20-28-35-473 3.6%
98
14.9%
79
10番人気~ 3-14-21-985 0.3%
21
3.7%
55

中山芝1600m|脚質別成績

脚質 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
逃げ 33-22-19-145 15.1%
236
33.8%
164
先行 77-91-65-407 12.0%
94
36.4%
111
差し 56-60-78-786 5.7%
37
19.8%
62
追込 14-14-23-787 1.7%
14
6.1%
19
マクリ 7-1-3-12 30.4%
102
47.8%
86

中山芝1600m|枠順別成績

枠順 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
1枠 28-18-23-234 9.2%
117
22.8%
75
2枠 22-29-22-243 7.0%
57
23.1%
68
3枠 20-20-31-251 6.2%
57
22.0%
77
4枠 24-22-19-268 7.2%
58
19.5%
60
5枠 21-29-24-270 6.1%
47
21.5%
68
6枠 18-22-26-287 5.1%
39
18.7%
53
7枠 27-30-18-287 7.5%
57
20.7%
65
8枠 27-18-25-298 7.3%
55
19.0%
85

中山芝1600m|血統(父系統)別成績

父系統 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
サンデーサイレンス系 84-94-101-1003 6.6%
51
21.8%
70
ミスプロ系 53-45-33-488 8.6%
91
21.2%
65
ノーザンダンサー系 31-21-30-285 8.4%
45
22.3%
75
ロベルト系 9-9-11-160 4.8%
87
15.3%
56
その他 4-9-6-46 6.2%
27
29.2%
128
ナスルーラ系 3-6-4-106 2.5%
6
10.9%
49
他ターントゥ系 3-4-3-50 5.0%
78
16.7%
68

中山芝1600m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
ディープインパクト 24-16-16-127 13.1%
75
30.6%
60
ロードカナロア 13-16-6-90 10.4%
55
28.0%
58
ダイワメジャー 12-10-10-101 9.0%
57
24.1%
67
キングカメハメハ 9-5-7-37 15.5%
145
36.2%
111
オルフェーヴル 8-5-5-55 11.0%
94
24.7%
61
ルーラーシップ 7-5-9-43 10.9%
67
32.8%
90
スクリーンヒーロー 7-4-7-50 10.3%
232
26.5%
122
ハービンジャー 7-2-8-52 10.1%
46
24.6%
93
キンシャサノキセキ 6-7-6-38 10.5%
81
33.3%
132
ハーツクライ 5-10-9-80 4.8%
30
23.1%
54
ヴィクトワールピサ 5-6-6-47 7.8%
96
26.6%
85
ローエングリン 5-4-3-42 9.3%
72
22.2%
80
ノヴェリスト 4-9-4-40 7.0%
30
29.8%
132
キズナ 4-5-1-18 14.3%
88
35.7%
106
クロフネ 3-4-2-16 12.0%
106
36.0%
122
ディープスカイ 3-2-0-4 33.3%
216
55.6%
111
ヨハネスブルグ 3-0-2-26 9.7%
14
16.1%
36
ドゥラメンテ 3-0-1-4 37.5%
208
50.0%
112
ローズキングダム 2-3-1-14 10.0%
146
30.0%
105
リアルインパクト 2-3-1-23 6.9%
140
20.7%
54

中山芝1600m|血統(母父)別成績

母父 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
サンデーサイレンス 10-12-11-99 7.6%
31
25.0%
66
キングカメハメハ 10-3-6-54 13.7%
121
26.0%
78
アグネスタキオン 9-9-14-69 8.9%
30
31.7%
110
ディープインパクト 8-6-8-53 10.7%
69
29.3%
77
ネオユニヴァース 5-5-1-28 12.8%
107
28.2%
71
サクラバクシンオー 4-7-3-38 7.7%
47
26.9%
127
フレンチデピュティ 4-5-5-57 5.6%
45
19.7%
49
Storm Cat 4-4-5-23 11.1%
33
36.1%
58
ホワイトマズル 4-0-1-30 11.4%
82
14.3%
32
クロフネ 3-6-2-38 6.1%
13
22.4%
37

中山芝1600m|血統(母系統)別成績

母系統 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
サンデーサイレンス系 56-55-48-598 7.4%
66
21.0%
72
ノーザンダンサー系 50-50-51-574 6.9%
50
20.8%
57
ミスプロ系 36-36-34-379 7.4%
65
21.9%
75
ナスルーラ系 21-18-25-259 6.5%
79
19.8%
96
その他 13-10-12-102 9.5%
70
25.5%
84
ロベルト系 8-14-15-153 4.2%
42
19.5%
44
他ターントゥ系 3-5-3-73 3.6%
12
13.1%
46

中山芝1600m|騎手別成績

騎手 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
ルメール 23-7-6-29 35.4%
84
55.4%
71
三浦皇成 15-12-8-76 13.5%
139
31.5%
71
田辺裕信 13-8-9-77 12.1%
82
28.0%
62
M.デム 12-11-6-31 20.0%
59
48.3%
79
大野拓弥 8-8-13-86 7.0%
65
25.2%
62
マーフィ 8-3-2-16 27.6%
175
44.8%
84
石橋脩 7-9-7-62 8.2%
84
27.1%
81
石川裕紀 7-5-5-46 11.1%
170
27.0%
143
横山典弘 7-4-5-24 17.5%
180
40.0%
110
戸崎圭太 6-22-11-46 7.1%
32
45.9%
81
内田博幸 6-5-6-90 5.6%
27
15.9%
77
川田将雅 6-1-2-4 46.2%
188
69.2%
100
丸山元気 5-4-7-50 7.6%
75
24.2%
58
柴田善臣 4-2-4-41 7.8%
52
19.6%
100
木幡育也 4-1-4-47 7.1%
303
16.1%
136
津村明秀 3-8-7-65 3.6%
46
21.7%
80
武藤雅 3-5-7-52 4.5%
26
22.4%
81
木幡巧也 3-5-4-63 4.0%
18
16.0%
76
北村宏司 3-5-4-80 3.3%
43
13.0%
28
柴田大知 3-4-8-79 3.2%
40
16.0%
80

※検索期間:2018.1.1~2020.12.31

中山芝1600m|予想ポイント

  1. どちらかと言えば堅く決まりやすいコース
  2. 内枠(特に1・2枠)
  3. 逃げ・先行
  4. ディープインパクト、キングカメハメハ・スクリーンヒーロー、ディープスカイ・ドゥラメンテ
  5. ルメール、Mデムーロ・戸崎圭太、三浦皇成、川田将雅

逃げ・先行がやや有利なコース

枠順では内枠が僅かに有利で、特に1・2枠が好成績を残している。

種牡馬は、ディープインパクトがダントツのリーディング。その他、回収率の高いキングカメハメハ・スクリーンヒーロー、出走数は少ないですがディープスカイ・ドゥラメンテも要チェックです。

騎手は、リーディングのルメール、Mデムーロ・戸崎圭太の好走率が非常に高いです。その他、三浦皇成、出走数は少ないですが川田将雅にも注目。






カテゴリー: 中山

最新更新日: 2021年2月10日




5 件のコメント

  • 藤田八子 より:

    ディープ、キンカメ亡き後、これからは種牡馬争いが激化する中やはりカナロア産駒なのか?

  • 流山のテッチャンです。 より:

    新進気鋭のルラーシップやビクトアルピツア
    などはデータは少いでしょうけど種牡馬的に
    親の血統で考えるべきですか?
    それとも、トレーニングで変わるものですか?

  • ななし より:

    データ的に逃げ、先行の方が有利だと思うが

    • 管理人 より:

      ご返信が遅れ申し訳ございません。

      有利不利は、1~3着になった数にて判断。
      その上で、好走率・回収率によりその程度を決めております。

      その為、2017年(2012~2016年分データ)は、
      「差し・追込がどちらかと言えば有利なコース」
      でした。

      好走率・回収率のデータでは、
      明らかに逃げ・先行有利とは思いますが何卒ご了承下さい。

      また、2018年(2013~2017年分データ)では、
      逃げ・先行有利に判断が変わります。

      • 競馬好き より:

        いつも活用させて頂いてます!
        2019年分のデータ反映をお待ちしております!

流山のテッチャンです。 へ返信する コメントをキャンセル