京都競馬場|京都芝3000mのデータ(脚質・枠順・血統・種牡馬等)

京都芝3000m|コース特徴

京都芝3000m

菊花賞・万葉Sのみ行われるコース。外回りが使用される。

前半のペースは、菊花賞は早めで・万葉Sは超スローで流れる事が多い。3コーナーの高低差4.3mの坂が特徴で、2周目のこの部分が勝負所。ペースが一気に上る。

最後の直線は、404mとやや長めだが坂の無い平坦なコース。4コーナーの時点で後方に位置すると厳しく、先行・マクリタイプの馬に注目。

また、3000mの長丁場なので、枠順の有利差は皆無と言って良い。


京都芝3000m|人気別成績

人気 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
1番人気 5-0-1-4 50.0%
111
60.0%
78
2番人気 0-3-1-6 0.0%
0
40.0%
69
3番人気 2-0-1-7 20.0%
140
30.0%
83
4~6番人気 2-5-3-20 6.7%
101
33.3%
110
7~9番人気 1-2-3-24 3.3%
92
20.0%
104
10番人気~ 0-0-1-60 0.0%
0
1.6%
18

京都芝3000m|脚質別成績

脚質 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
逃げ 1-1-3-7 8.3%
230
41.7%
167
先行 5-6-3-20 14.7%
104
41.2%
112
差し 3-3-3-55 4.7%
29
14.1%
44
追込 0-0-1-36 0.0%
0
2.7%
30
マクリ 1-0-0-2 33.3%
46
33.3%
36

京都芝3000m|枠順別成績

枠順 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
1枠 2-0-0-13 13.3%
55
13.3%
26
2枠 3-3-1-9 18.8%
108
43.8%
108
3枠 1-0-1-14 6.3%
44
12.5%
29
4枠 0-0-1-16 0.0%
0
5.9%
15
5枠 0-2-2-14 0.0%
0
22.2%
79
6枠 1-2-1-15 5.3%
89
21.1%
115
7枠 1-1-3-20 4.0%
11
20.0%
57
8枠 2-2-1-20 8.0%
122
20.0%
78

京都芝3000m|血統(父系統)別成績

父系統 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
サンデーサイレンス系 8-6-6-70 8.9%
59
22.2%
65
ロベルト系 1-1-1-10 7.7%
12
23.1%
76
ノーザンダンサー系 1-0-2-12 6.7%
184
20.0%
111
ミスプロ系 0-2-1-20 0.0%
0
13.0%
37
ナスルーラ系 0-1-0-7 0.0%
0
12.5%
52
他ターントゥ系 0-0-0-1 0.0%
0
0.0%
0
その他 0-0-0-1 0.0%
0
0.0%
0

京都芝3000m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
ディープインパクト 1-2-1-19 4.3%
10
17.4%
36
ゼンノロブロイ 1-1-2-3 14.3%
101
57.1%
137
ステイゴールド 1-1-0-7 11.1%
15
22.2%
67
ネオユニヴァース 1-1-0-4 16.7%
48
33.3%
68
ダンスインザダーク 1-1-0-1 33.3%
96
66.7%
103
マンハッタンカフェ 1-0-1-3 20.0%
340
40.0%
126
シンボリクリスエス 1-0-0-8 11.1%
17
11.1%
12
ブラックタイド 1-0-0-4 20.0%
268
20.0%
74
クロフネ 1-0-0-2 33.3%
923
33.3%
316
スペシャルウィーク 1-0-0-0 100.0%
690
100.0%
280

京都芝3000m|騎手別成績

騎手 着度数 勝率
単回値
複勝率
複回値
武豊 2-0-1-5 25.0%
125
37.5%
101
岩田康誠 1-3-0-4 12.5%
36
50.0%
111
福永祐一 1-2-0-5 12.5%
20
37.5%
97
酒井学 1-1-0-4 16.7%
115
33.3%
71
ルメール 1-0-1-0 50.0%
115
100.0%
145
川島信二 1-0-0-2 33.3%
566
33.3%
133
北村宏司 1-0-0-2 33.3%
446
33.3%
123
内田博幸 1-0-0-2 33.3%
46
33.3%
36
荻野琢真 1-0-0-0 100.0%
2770
100.0%
950
蛯名正義 0-1-0-3 0.0%
0
25.0%
67

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

京都芝3000m|予想ポイント

  1. 中波乱傾向のコース
  2. 逃げ・先行が非常に有利なコース。
  3. 枠順の内外有利差無し ※2枠には注目
  4. ゼンノロブロイ、ダンスインザダーク、マンハッタンカフェ
  5. 武豊、岩田康誠、福永祐一、ルメール

逃げ・先行が非常に有利なコース。

枠順では内外の有利差は殆ど無いが、2枠は好成績を残している。

種牡馬は、サンデーサイレンス系で長距離適性の高い、ゼンノロブロイ・ダンスインザダーク・マンハッタンカフェ等が好成績を残しています。

騎手は、武豊・岩田康誠・福永祐一・ルメールに注目したいです。





カテゴリー: 京都

最新更新日: 2017年4月8日




コメント欄